ダイフルカンのPDE5や亀頭への作用

日本ではファイザー社が販売する”ダイフルカン”、これは成分名を”フルコナゾール”と言いカンジダやクリプトコッカスといった真菌類(カビの仲間)による感染症に使われる医薬品です、カプセル剤や水に溶いて使うドライシロップ、そして注射液といった形で男女や年齢を問わず使われています。

ところが、その一方で女性の性器が潤ったり性器の感覚が増すなどという口コミが広がり「女性用バイアグラ」と呼ぶ人が出てきました、その影響から本来の目的ではない女性用の性機能改善薬として認識している人の存在も確かです。

また、実際に性行為を楽しむ目的で個人輸入などで購入し服用する人もいるようですが、発売元のファイザー社からはダイフルカンによる女性の性機能改善効果については何もアナウンスされていないので実際の効果については不明です。

では、男性がダイフルカンを服用すればバイアグラのような効果が出るかといえばそれもありません、体内での働きが全く別だからです、この医薬品の目的から違います。

ダイフルカンはバイアグラのように勃起の持続力を失わせてしまうPDE5酵素を阻害しません、なので勃起力改善には成り得ないのです、男性が服用するとすれば最初に書いたように真菌類による感染症を起こした場合でしょう、しかも、亀頭や包皮といった外用薬が使えぬ体内への感染症の場合です。

結果として、ダイフルカンのPDE5への阻害作用は無く、性器への性的な面での作用もありません。

副作用などを起こさぬよう自己判断による安易な服用は止め、必要な時は医師の診断に任せ、本来の適用である優れた真菌類への抑制効果などの目的で正しく使い健康回復と維持に役立てたいものです。