女性に催淫作用のある成分

男性用バイアグラは、インポテンツ治療薬として世界で大ヒットした薬です。
これがきっかけとなり、女性用にもいろいろな薬が開発されました。
女性用バイアグラというとあまり聞いたことがない人が多いかと思いますが、不感症であったり、オーガズム不全の人、より豊かな性生活を送りたい人に使われています。
種類の方も豊富で、ファイザー社のウーメラやダイフルカンなどが有名です。
ウーメラは血流をよくして、性器周辺を敏感にし感度を高め催淫効果もあります。
もう一つのダイフルカンは、もともとはカビの一種である真菌の治療薬でしたが、その副産物として膣の分泌液の増加を促します。
あとダイフルカンの良いところは持続力が長く、4日ほど持続します。
そして副作用が少ないというところです。
そのほかにもたくさんの種類がでています。
女性に催淫作用のある成分として有名なのがドイツの製薬会社が発見したフリバンセリンです。
この成分は抗うつ作用だけでなく、女性の性的欲求を促す効果があることを臨床試験により確認されました。
バイアグラは血流などに作用しますが、これは脳に作用します。
脳に作用することにより、欲求に作用するドーパミンを分泌させますので、性欲が高まるわけです。
これは、錠剤を服用するのではなく、スプレーで鼻から吸い込みます。
たったこれだけで、性欲が高まる夢のような薬です。
最近ではインターネットを利用し通販で購入することができます。
値段のほうも、ジェネリックなどを使えば安く抑えることができますし、口コミや評判もとても良いです。
不感症の人や中高年の女性など女性用バイアグラを愛用している人が多いです。
ぜひ、使ってみることをおすすめします。